【日産 エクストレイル】 ※エマージェンシーブレーキパッケージ

お疲れ様です。

MPVの内装&外装コーティング、登録も終わり、後は納車を待つだけです。

そんな中、【日産エクストレイル】をデモで借りてきました!

これから、再度商談に行ってきます!!

securedownload.jpg

ちなみに、このエクストレイルにはエマージェンシーブレーキが搭載されています。

先ほど細道を曲がろうとしたら、絶対曲がれるのに、エマージェンシーブレーキが効いて、自動でブレーキかかりました・・・・。

ちょっと、焦った・・・・・。

【日産 エクストレイル】

ミディアムクラスの本格的SUV日産「エクストレイル(X-TRAIL)」。今回フルモデルチェンジを行った。ラインアップは、2L(M9R)クリーンディーゼルエンジン搭載の「20GT」、「20GT S」、2L(MR20DD)レギュラーガソリンエンジン搭載の「20X」、「20X エマージェンシーブレーキパッケージ」、「20S」を設定。「20GT」、「20GT S」、「20S」は4WDを設定。「20X」、「20X エマージェンシーブレーキパッケージ」は、2WD/4WDを用意し、それぞれ5人乗りの2列シート車に加え、7人乗りの3列シート車を新たに設定。トランスミッションは、クリーンディーゼルモデルには、6速MTと6速AT(MTモード付)、レギュラーガソリンモデルには、エクストロニックCVTを組み合わせる。エマージェンシーブレーキパッケージには、「エマージェンシーブレーキ」/「踏み間違い衝突防止アシスト」/「LDW(車線逸脱警報)」/「進入禁止標識検知」に加え、「BSW(後側方車両検知警報)」や「ふらつき警報」もオプション設定で用意。ALL MODE 4×4-iに世界初採用のシャシー制御技術を搭載し、直噴MR20DDエンジンをはじめ、アイドリングストップ、新型エクストロニックCVT、走行抵抗の低減、軽量ボディなどの低燃費技術により、高い走行性能とクラスNo.1の低燃費16.4km/L(2WDの「20X」、「20X エマージェンシーブレーキパッケージ」)を実現。ユーティリティ装備では、自由自在に空間を仕切ることができる防水フレキシブルラゲッジを採用、ポケットやカップホルダー等の収納スペースを増やすことで使い勝手を向上。また、インテリジェントキーを持っていれば手や物をセンサーにかざすだけでバックドアが開く、ハンズフリー機能付きリモコンオートバックドアをオプションで設定。さらに新開発の前席、セカンドシートはスパイナルサポート機能付シートによって、長距離移動の疲労を軽減。日産車として初採用となる、インテリジェントパーキングアシストは、ドライバーがステアリング操作を行わずに車庫入れや縦列駐車が可能になり、駐車のわずらわしさを大幅に低減。さらにメーター中央部にアドバンスドドライブアシストディスプレイを配し、ドライブをサポートする様々な車両情報を提供。また、特別仕様車にクリーンディーゼルのタフなスタイリングに、ダークの装いを施した「20GT ブラック エクストリーマーX」を用意。さらに、フロントオーバーライダーやアンダーカバー、専用の大型フロントフォグランプやアルミホイールなどを装備した、オーテックジャパン扱いとなる「20X エクストリーマーX」、「20X エクストリーマーX エマージェンシーブレーキパッケージ」を設定。

最近の記事


TOP
TOP