【ニュース】トヨタ アクア 特定操作で意図せず車が動き出す恐れ

お疲れ様です。

先日、【トヨタ アクア】のリコール情報が発表されました。

お乗りの方は、お気を付け下さい!!

下記より、調べることが可能です。

リコール等情報対象車両検索“>リコール等情報対象車両検索

【不具合内容】
「アクア」の一部車両で、シフトロック機構に不具合が判明したことから、国土交通省にサービスキャンペーンを通知した。本来ブレーキペダルを踏むことでシフトロックが解除され、PレンジからDレンジまたはRレンジにシフトできるが、この使用方法によらず、運転中にブレーキペダルを踏まないでサービス用シフトロック解除ボタンを押しながらPレンジからシフトすると、意図せず車が動き出す恐れがある。

121無題

【トヨタ アクア】 ~現行モデル~

ハイブリッドシステムの小型・軽量・高効率化など、トヨタの量産ハイブリッドカー開発17年間の知恵と技術を結集したコンパクトクラスのハイブリッドカー「アクア(AQUA)」。ラインアップは、ベースグレードの「L」、充実装備の「S」、上級グレードとなる「G」、シックな室内空間を演出した「G ブラックソフトレザーセレクション」を設定。また、トヨタが自ら開発するスポーツコンバージョン車シリーズの第6弾として、「CONTROL AS YOU LIKE ~意のままに操る喜びを~ 」をコンセプトとした、「G Gs」を用意。1.5Lハイブリッドシステム(リダクション機構付のTHSII)を搭載。エンジンのフリクションを低減するとともに、モーターやインバーターなどの制御を改良しハイブリッドシステムの効率を一段と高めることで、世界トップの低燃費37.0km/L(JC08モード走行燃費)を実現。また、サスペンションにチューニングを施すなど乗り心地を向上させたほか、遮音材の追加などにより静粛性を高めた。さらに、ドアミラーにドアの施錠・解錠と連動して格納・復帰するオート機能と、フロントドアガラスに撥水機能(「L」を除く)を追加し利便性を向上するとともに、ヒルスタートアシストコントロールには坂道を感知する機能を追加し、車両のずり落ちを緩和する性能を高めた。

最近の記事


TOP
TOP