【新車 M・ベンツ C200 アバンギャルド AMGライン】本日ご納車です!! 誠に有難うございました!

お疲れ様です。

本日、オーダー頂いておりました顧客様へ【新車 M・ベンツ C200 アバンギャルド AMGライン】がご納車となりました。

誠に有難うございます!!

benntu C200

IMGP0272.jpg

IMGP0274.jpg

IMGP0284.jpg

アルミ&タイヤは、スタットレスタイヤに履き替えてのご納車です。

この度は、誠に有難うございました!!

今後とも、宜しくお願い致します!!

【新車 M・ベンツ C200 アバンギャルド AMGライン】

ダイナミックさを高めたエクステリアとクラスを超えた上質なインテリアを採用するメルセデス「Cクラス」。今回、セダンモデルのフルモデルチェンジを行った。

ラインアップは、1.6L 直列4気筒BlueDIRECTターボエンジン搭載の「C180」、「C180 アバンギャルド」、2L 直列4気筒BlueDIRECTターボエンジン搭載の「C200 アバンギャルド」、「C250 スポーツ」を設定。「C180 アバンギャルド」、「C200 アバンギャルド」には、AMGスタイリングパッケージなどを装備する「AMGライン」も用意。

クーペモデルは、プレミアムクーペ「C180 クーペ」、「C180 クーペトレンド」、「C63 AMGクーペ エディション507」を設定。

新型Cクラスは「アジリティ&インテリジェンス」のコンセプトに基づき、素材選びから設計、製造工程に至るまであらゆる部分にメルセデスが誇る最先端技術を投入することで、大きな進化を遂げた。

ボディシェルのアルミニウム使用率を約50%と、量産車としては類を見ないレベルに高めながら、高張力鋼板などを適材適所に組み合わせた革新的な軽量高剛性アルミニウムハイブリッドボディを採用。

この軽量高剛性ボディの採用により、重心高の低下によるスポーティかつ俊敏なハンドリング、NVH(騒音、振動、ハーシュネス)特性の最適化に加え、動力性能をまったく犠牲にすることなく燃費を最大30%以上向上。

アルミニウムハイブリッドボディの製造工程において、メルセデス・ベンツは自動車メーカーとして世界で初めて、量産車に「ImpAcT(Impulse Accelerated Tacking)」接合方式を採用。

また、快適性が安全性に寄与するという思想に基づくインテリジェントドライブには、「ディストロニック・プラス(ステアリングアシスト付)」、「BASプラス(飛び出し検知機能付ブレーキアシスト・プラス)」、「リアCPA(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)」、「アクティブレーンキーピングアシスト」などが含まれる。

さらに、ドライバーの疲れを最小限に抑える快適性が安全なドライブに貢献するという思想に基づき、安全性と快適性を高次元で融合させた「インテリジェントドライブ」を採用。

ミリ波レーダーセンサーとステレオカメラにより「部分自動運転」を実現。「C63 AMGクーペ エディション507」は左右ハンドル、その他は右ハンドルの設定。「C250スポーツ」は欧州参考値となる。

最近の記事


TOP
TOP