【2010年 MINIクーパーS クラブマン ホットチョコレートM】入庫です!! ~英国BMWグループからリリースされる、2世代目MINI~

お疲れ様です。
先週入庫したばかりの車を仕上げ完了です!!
【2010年 MINIクーパーS クラブマン ホットチョコレートM】です!!

20150628(01).jpg

距離は9万キロと走ってはいますが、試乗したところ、元気なMINIです!!
装備も充実しており、社外品ですがHDDナビ・フルセグ・ETC等装備されています。
キレイなシートカバーが装着されており、そのカバーをめくると、更にキレイなハーフレザーシートです!!

20150628(03).jpg

ちょっと狭いと思いきや、ラゲッジスペースも広めに確保です!!

20150628(02).jpg

車高が低いので、縦にはあまり積められませんが。。。。。
いずれにせよ、お洒落で可愛いMINIです!!!!
ちなみにカタログ燃費で15.6km/L。全然悪くないですね!!!!

参考にして見て下さい!!

【MINI 2010年3月(平成22年3月) 発売モデル】
1.6L 直列4気筒DOHCエンジン(98ps、122ps)と、可変バルブタイミング採用の1.6L コモンレール式直噴+ツインスクロールターボエンジン(184ps)の3ユニット。それぞれ、1.4Lから1.6Lへと変更になった「ワン」(98ps)、燃費改善が図られた1.6L「クーパー」(122ps)、最スポーティな1.6Lターボ「クーパーS」に搭載する。トランスミッションは、6速MTと6速ATを用意。今回、ジョン・クーパー・ワークスを除く全モデルには、ブレーキを踏んだ時や、アクセルペダルから足を離した際に生じる運動エネルギーを電力に変換し、エンジンに負荷をかけることなくバッテリーの充電を行うブレーキ・エネルギー回生システムを搭載。また、MT車には、信号待ちなどで停車した際、ギアをニュートラルにして、クラッチを戻すとエンジンが自動的に停車するエンジン・オートマチック・スタート・ストップ機能が標準で装備される。発進する際には、クラッチを踏みこむとエンジンが自動的に始動。これにより、停止時の燃料消費量を抑えられる。最大で約33%もの燃費改善と、同時に最大で9馬力ものエンジン出力アップを実現。燃費やCO2排出量を抑え、9車種がエコカー減税の対象となる。5モデルのMT車、「ワン」、「クーパー」、「クーパークラブマン」、「クーパーコンバーチブル」、「クーパーSコンバーチブル」は自動車グリーン税制の対象車でもあり、さらに自動車税50%の免除を受けることができる。4名定員の右ハンドル設定。

【くるまのミカタ】





最近の記事


TOP
TOP