【ホンダ 平成24年 フィットハイブリット ベースグレード】入庫です!

お疲れ様です。

本日は納車ラッシュ&展示車の仕上げ等々、多忙な1日です。。。。。

寒の戻りもありますが、もう少しで春!踏ん張らなきゃです。

さて、本日、新しい展示車が加わりました!

【ホンダ 平成24年 フィットハイブリット ベースグレード】です!

20170219(01).jpg

走行距離は4.6万キロ程度。

試乗しましたが、調子良いですね!!

内外装もとてもキレイな状態での入庫!

当店にて内装クリーニング、外装コーティング施工。

更にキレイな状態となりました!!良い色・艶が出ていますね!!

20170219(02).jpg
20170219(03).jpg

装備も充実です。

社外メモリーナビ・バックカメラ・コーナーセンサー・DVD再生(走行中視聴可能)・ETC・キーレス・クルーズコントロール・ウィン化0ミラー等々。

20170219(04).jpg

ラゲッジスペースはコンパクトサイズのフィットHVですが、十分な広さを確保できます。

後部座席を倒せばフルフラットになるので、更に広さを確保できます!

そして、隠れた収納ポケットも!

気になる燃費ですが、カタログ上、JC08モード燃費26.4km/リットルです。

さすがハイブリットで、経済的な1台!

長距離を乗られる方には最適な1台ですね!!

是非、参考にしてみて下さい!!

ホンダ フィットハイブリッド 2012年5月(平成24年5月) 発売モデル

ホンダの5ドアスモールカー、フィット(FIT)のハイブリッドモデル「フィットハイブリッド」。

1.3L i-VTECエンジン(88馬力)と軽量・小型なIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)(14馬力)の組み合わせとなる。

ラインアップは、ベースモデルの「ハイブリッド」、HondaスマートキーシステムやETC車載器、本革巻ステアリングホイール、VSA(ABS+TCS+横すべり抑制)を搭載した「ハイブリッド スマートセレクション」を設定。

今回のマイナーチェンジでは、ピンク色の加飾をインテリアやHondaスマートキーなどに施したスタイリッシュな専用アイテムを装備した「ハイブリッド シーズ(She s)」や高級モデル「ハイブリッド XHセレクション」、1.5L i-VTEC+IMAを搭載し、専用セッティングしたサスペンションを採用の「ハイブリッド RS」を新たにタイプ追加。また、エンジンの低フリクション化、CVTの効率向上などで、JC08モード燃費を26.0km/Lから26.4km/L(ハイブリッド RS以外)へと向上となった。女性向けグレードの「ハイブリッド シーズ(She s)」は、「大人かわいい フィット」をコンセプトに企画されたもので、専用カラードリアライセンスガーニッシュ、専用エンブレムを装備。インテリアについても、エアアウトレットなどにピンクメッキの加飾リングが追加され、ピンクステッチ入り本革巻CVTセレクトレバーが設定されている。

そのほか、専用カラーのスマートキー、紫外線99%カットガラス、ブラズマクラスター搭載エアコン、専用アレルクリーンシートなど女性視点での装備追加が行われている。

「ハイブリッド XHセレクション」は、EPS(電動パワーステアリング)やスタビライザーのチューニング、フェンダー内へのインシュレーターの追加など、より上質感や静粛性の向上を図った。

「ハイブリッド RS」は、最高出力84kW(114PS)/6000rpm、最大トルク144Nm(14.7kgm)/4800rpmで、1.3L ハイブリッドに比べ、最高出力で19kW(26PS)、最大トルクで23Nm(2.4kgm)向上した。

SPORT、NORMAL、ECONの3つのモードにモーターアシストやCVT変速比、エアコン制御を切り替える「3モードドライブシステム」を搭載。

モード切替時は、メーターパネル内の照明が変化する。サスペンション性能も、フィット ハイブリッドよりスポーツ志向にチューニング。

EPS、スタビライザー、ダンパー、ブレーキなどが専用チューニングされている。







最近の記事


TOP
TOP