【トヨタ 平成25年 アルファード((ANH20W) 240S ホワイトパール】入庫です!

お疲れ様です。

本日も30度越えの宇都宮地方。

ほぼ夏ですね。。。。

暑さに体力を奪われていますが、踏ん張らなきゃです!

さて、先日【トヨタ 平成25年 アルファード((ANH20W) 240S ホワイトパール】が入庫しました!

20170522(01).jpg

走行距離は3.1万キロ程度。

試乗しましたが、全く問題のない良質なアルファードです。

外装は、下地の磨きからコーティングまで施工し、ピカピカの状態でとてもキレイですね!

色艶の輝きが違います!!

20170522(02).jpg

20170522(03).jpg

内装もクリーニング済みで、使用感も殆どなく、また、シートの汚れやシミも無く、キレイな状態です。

20170522(05).jpg

装備はかなりの充実ぶりです。

ワンオーナー・スマートキー&プッシュスタート・横滑り防止・ルームランプ・純正HDDナビ&フリップダウン・DVD再生・フルセグTV・バックカメラ・F/Rコーナーセンサー・ビルトインETC・片側オートスライドドア・サンルーフ・キセノン&フォグ・ウッドコンビハンドル・本革巻きシフトノブ・車高調・社外19インチAW等々。

20170522(04).jpg

ラゲッジスペースは広くて便利ですね!

3列目は跳ね上げ式。

シートアレンジでさらに広さを確保できます!

気になる燃費ですが、カタログ上、JC08モード燃費10.8km/リットルです。

是非、参考にして見て下さい!

トヨタ アルファード 2011年11月(平成23年11月) 発売モデル

トヨタフラッグシップミニバン「アルファード(ALPHARD)」/「ヴェルファイア」。

今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやフロントバンパー、リヤガーニッシュ、バックランプをデザイン変更し、より力強い外観を創出することに加え、内装はスピードメーターデザインやシート表皮、木目色の変更により、高級感をさらに高めている。

また、車両周辺を真上から見たような広範囲の映像を表示し、安全運転をサポートするトヨタ初となるパノラミックビューモニターをオプション設定。

さらに、ハイブリッドモデルを追加設定し、オートマチックハイビーム、運転席オートスライドアウェイ、お客様に心地よく快適な車内空間を提供するナノイー、スーパーUVカットガラス(フロントドア)など、先進・機能的な装備を新たに設定している。

性能については、「リダクション機構付のTHSII」の採用により、エンジン音や振動を徹底的に抑制し、高い静粛性を実現するとともに、2.4L 直列4気筒エンジン「2AZ-FXE」とE-Four(電気式4輪駆動)の組み合わせにより、パワフルな加速と高度な操縦安定性を獲得。

V6 3.5L(Dual VVT-i)エンジンは6速SuperECTと、直4 2.4L(VVT-i)エンジンはSuperCVT-iと、ハイブリッドには電気式無段変速機を組み合わせる。

また、10・15モードで19.0km/L、JC08モードで17.0km/Lの低燃費を実現。「平成22年度燃費基準+25%」とあわせ、「2015年度燃費基準」を達成するとともに、排出ガスについても「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得している(「環境対応車普及促進税制」による減税措置対応車)。

ハイブリッドモデル専用として、シートとフロントフロアカーペットの一部のファブリック表皮に、エコプラスチックを採用。

アルファードのバリエーションには、スポーティな装いの「ハイブリッドSR Cパッケージ/ハイブリッド SR」、

上級ハイブリッドの「ハイブリッドG Lパッケージ/ハイブリッドG」、スタンダード・ハイブリッド「ハイブリッドX」、

豪華な内装、充実の装備の「350G Lパッケージ」、

茶木目を随所にあしらった「350G/240G」、

上級エアロの「350S Cパッケージ/240S Cパッケージ」、

エアロパーツや18インチアルミホイールを装備する「350S/240S」、ベーシックグレード「240X」を用意。

外板色にライトブルーメタリック、ダークバイオレットマイカメタリック、ダークブルーマイカを新設定した。







最近の記事


TOP
TOP