【スズキ 平成23年 スイフト(ZC72S) 1.2XL スノーホワイトパール】入庫です!

お疲れ様です。

続々と、新たな展示車が入庫しています!

今回は【スズキ 平成23年 スイフト(ZC72S) 1.2XL スノーホワイトパール】が入庫しました!

20170714(01).jpg

走行は9.3万キロですが、試乗してみて快調さを実感しました!

問題ある箇所は無く、程度良好ですね!キビキビ走ります!

20170714(02).jpg
20170714(03).jpg

外装は、当店の鏡面仕上げ&コーティング施工でキレイな状態。

内装も同様に、クリーニング&消臭施工でキレイな室内です!

インテリアカラーはブラックが基調ですので、落ち着いた感じが演出されていますね。

装備は、スマートキー&プッシュスタート・ケンウッドメモリーナビ・フルセグTV・DVD再生可(走行中視聴可能)・HID&フォグ・オートライト・本革巻きステアリング・ウィンカーミラー等々。

20170714(04).jpg

ラゲッジスペースはコンパクトサイズの車種ですが、広めの設定。

後部座席のシートアレンジでより広さを確保できます。

気になる燃費ですが、カタログ上、JC08モード燃費20.6km/リットルです。

さすが、スズキの世界に通用するコンパクトサイズの代表車ですね!

是非、参考にしてみて下さい。

スズキ スイフト 2010年9月(平成22年9月) 発売モデル

スズキ「スイフト(SWIFT)」は、世界に通用するコンパクトカーを目指して開発を行い、先代は2004年11月に日本で発売を開始して以来、日本・欧州・インド・中国など世界8拠点で生産するスズキの世界戦略車。

3代目となるこのモデルは、軽量化と高剛性を両立した新しいプラットフォーム、吸排気VVTを採用した新1.2L 直列4気筒エンジン(K12B型)、副変速機構付新CVTを採用。

エクステリアデザインは、ひと目でスイフトと分かるシルエットはそのままに、全長&ホイールベースを延長、最小回転半径は15インチタイヤ仕様で4.8m、16インチ仕様で5.2mと取り回しのよさも実現した。

キーレスプッシュスタートシステムや前後36mmの調整を可能とするテレスコピックステアリング、インパネには外気温、シフトポジション、オドメーターに加え、瞬間燃費、平均燃費、航続可能距離、トリップメーターを切り替え表示するマルチインフォメーションディスプレイを全車に標準装備した。

全車オーディオレス仕様とし、ベーシックな「XG」、LEDサイドターンランプ付ドアミラーや16インチアルミホイールなど充実装備「XL」、フロントアームレスト、カーテン&サイドエアバッグやクルーズコントロール、パドルシフト採用の「XS」をラインアップする。







最近の記事


TOP
TOP