【新車 マツダ アクセラスポーツ(BM5FS) 15S プロアクティブ マシーングレープレミアムメタリック】ご成約&ご納車です!

昨年オーダーを頂いていました【新車 マツダ アクセラスポーツ(BM5FS) 15S プロアクティブ マシーングレープレミアムメタリック】がご納車となりました。

誠に有難うございます!

20180210(01).jpg

マツダの先進技術満載の1台ですね。

20180210(02).jpg
20180210(03).jpg

さらに、今流行のヘッドアップディスプレイ搭載で、未来の車を感じさせてくれます。

ボディカラーは「マシーングレープレミアムメタリック」。

外観のカッコよさを渋いカラーで、落ち着きある雰囲気にしてくれてますね。

これからオーナー様と楽しい思い出を作る事でしょう。

この度は誠に有難うございました!

今後とも、宜しくお願いします!!

マツダ アクセラスポーツ 2017年9月(平成29年9月) 発売モデル

スポーツコンパクトの3代目マツダアクセラシリーズ。バリエーションには、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」、4ドアセダン「アクセラ」、チューニングスポーツ「マツダスピードアクセラ」、ハイブリッドモデル「アクセラハイブリッド」を用意。

「SKYACTIV技術」の他、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用。

「アクセラスポーツ」のラインアップは、SKYACTIV‐G 1.5搭載の「15C」、「15S」、「15S プロアクティブ」、クリーンディーゼルエンジンSKYACTIV‐D 1.5搭載の「15XD」、「15XD プロアクティブ」、「15XD Lパッケージ」、SKYACTIV‐D 2.2搭載の「22XD プロアクティブ」、「22XD Lパッケージ」を設定。

トランスミッションには、SKYACTIV‐DRIVE(6AT)と、SKYACTIV‐MT(6MT)を組み合わせる。

今回、本革シートや運転席パワーシートなどを標準装備したSKYACTIV‐G 1.5搭載の「15S Lパッケージ」を追加。

また、運転初心者から高齢者まで幅広く安全・安心なクルマを届けるため、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備した。

車両と歩行者の検知が可能な衝突被害軽減ブレーキ「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」、AT車のペダル踏み間違い事故を低減する「AT誤発進抑制制御」、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「先進ライト」を標準装備。

さらに、車両前方の危険認知・衝突回避支援技術に加え、日常運転シーンにおける事故リスクのさらなる低減をめざし、ドライバーの死角になりやすい車両側方および後方の危険認知をサポートする「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」や「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」などの標準化を進めている。

加えて、駐車場や幅の狭い道路などを低速で運転する際に、車両周囲の状況をモニターで確認できる「360°ビュー・モニター」を、マツダ車として初採用する(「15C」を除く)。







最近の記事


TOP
TOP