第64回栃木県郡市町対抗駅伝競走大会

みなさん、こんにちは(^^)クロちゃんこと黒沢です。

昨日は・・・栃木県群市町対抗駅伝競走大会が開催されました(^^)

ジャストオートの前を・・・颯爽と走る姿は観ていて勇気づけられます(^^)

けっこうなスピードで・・・メチャクチャ速いんですねっ(>_<)

クロちゃん・・・学生時代に一番苦手な長距離走(-_-;)

ちなみに・・・短距離は早かったんですよっ(-_-;)・・・知らんけど(^_-)-☆

レクサスのパトカーも・・・メチャクチャかっこよかった(^^)

第1回大会は1960年2月。宇都宮市二荒山神社から日光二荒山神社中宮祠までの10区間に宇都宮、足利、栃木、佐野、鹿沼、日光、今市(当時)の7市、上都賀、那須、安蘇の3郡の10チームによって競われました。

 つづら折りのいろは坂を駆け上る山登りも注目された大会最長の104キロに及ぶ戦いは第3回大会まで続きました。第2回大会の復路(日光二荒山神社中宮祠前)は、積雪の中で選手が一斉にスタート。第5回大会からは現在と同じ県庁スタートとなりました。

 杉並木の間を縫う日光街道をメーンに宇都宮-日光間を舞台に開催されてきましたが、第42回大会は降雪、積雪による悪天候のため大会初の中止。第33回、36回大会は積雪により、コースが短縮されました。

 交通や天候問題などによる選手の安全性を考慮し、第45回大会を最後に宇都宮-日光間から、現在の宇都宮-栃木間を往復するコースに変更。大会の愛称も「すぎなみふるさと駅伝」から「夢ふる とちぎ路駅伝」に衣替えしました。

駅伝競走大会に出られた 選手の皆さん・スタッフの皆さん・警察の皆さん・報道の皆さん・関係者の皆さん

すべての皆さん・・・大変お疲れ様でした。

今日も仕事や学校だと思いますが、頑張ってください。

そして休める時にゆっくり休んでください。

ジャストオートのクロちゃん・・・たくさんの勇気とやる気を頂きました。

今週も頑張ります(^^)

ご覧頂いた皆様もありがとうございます。

クルマのなんでも相談所 ジャストオートのクロちゃんにお気軽にご相談ください。

最近の記事


TOP
TOP