輸入車販売、VWが「V15」達成!!【2014年度ブランド別】

日本自動車輸入組合が発表した2014年度(2014年4月~2015年3月)の輸入車ブランド別新車販売台数によると、

フォルクスワーゲン(VW)が、前年度比13.5%減の6万2439台ながら、15年連続で輸入車シェアトップとなった。

メルセデスベンツは、同3.4%増の6万1832台と好調な販売を記録したが、わずか607台差で2位。

3位BMWは同13.8%減の4万3339台。

メルセデスベンツ、アウディ、MINI、ジープが販売を伸ばしたが、VW、BMWは2ケタのマイナス。

2014年度の輸入車ブランド別販売台数ランキング上位10ブランドは以下の通り。

1位:フォルクスワーゲン 6万2439台 2位:メルセデスベンツ 6万1832台
3位:BMW 4万3339台 4位:アウディ 3万0821台
5位:日産 2万1480台 6位:MINI 1万8831台
7位:トヨタ 1万5595台 8位:ボルボ 1万2615台
9位:ジープ 6802台 10位:フィアット 6171台

最近の記事


TOP
TOP