【ダイハツ 平成21年 ムーブコンテ カスタムRSターボ】入庫です!

お疲れ様です。

昨日、鮮やかな真っ赤の車が入庫してきました!!

【ダイハツ 平成21年 ムーブコンテ カスタムRSターボ】です!

20160927(01).jpg

展示すると、映えますね!!鮮やかな「シャイニングレッド」です!!

外装をしっかりと磨き&コーティング!!艶も出て、輝いています!!

20160927(02).jpg

20160927(03).jpg

内装はブラック×シルバー。外装のカラーと違って、室内は落ち着きのある感じ。

6.5万キロ程度の走行距離ですが、ほとんど使用感もなく、キレイな内装です!

試乗もしてきましたが、調子良いですね!!

軽自動車ですが、インタークーラーターボ!結構速かったですね!!加速も十分です!!

装備はキーフリー、運転席エントリーパワーシート、モモステアリング、キセノン&フォグ、ETC、ウィンカーミラー等々。

20160927(04).jpg

ラゲッジスペースは正直、広いとは言えませんが、後部座席を倒すとフラットになるので、広さを確保できます!

気になる燃費ですが、カタログ上、21.5km/L。

是非、参考にしてみて下さい!



【ダイハツ ムーヴコンテ 2008年8月(平成20年8月) 発売モデル】

ダイハツ「ムーヴコンテ(Conte)」は、空間消費志向やシンプル志向などの多様化するニーズをとらえ、自分らしくいられる「居心地のよさ」をテーマに開発された軽ハイトワゴン。
ムーヴの基本性能を受け継ぎながら、エクステリアはスクエアスタイルにデザインされた。
660ccツインカムDVVT(連続可変バルブタイミング機構)3気筒エンジン「KF-VE型」と、同ターボ「KF-DET型」のTOPAZ NEOエンジンシリーズ2種を搭載。
フランス人デザイナーが手がけたプレミアムソファシートは、異なる素材の組み合わせによる縫製や、アクセントカラーの採用、ショルダー部をしっかりと張り出させると共に、全体にボリュームを持たせ、ソファのような座り心地を実現。
軽自動車唯一となるシートスライドを電動化した運転席パワーエントリーシートを一部に採用。
バックスイッチを押すと電動で後方へスライド(80mm)、スムーズな降車が可能となる。ムーヴ同様2,490mmの超ロングホイールベースやエンジンルームのコンパクト化などにより、2,000mmの室内長を実現。955mmの前後カップルディスタンスを確保する。
インテグレートCD・AM/FM付ステレオを標準とするベーシックな「L」から、「Lリミテッド」、「X」、最上級「Xリミテッド」まで。「ムーヴコンテカスタム」シリーズも設定。
縦型2灯式のディスチャージヘッドランプや、スモークアクリルとメッキモールを組み合わせたコンビネーションフロントグリル、フロントエアロバンパーで迫力あるフロントフェイスとエアロフォルムを実現。
ブラック基調のインテリアは、シルバーのアクセントカラードラインや、各部に施したメッキパーツ、白色照明の3眼メーター、専用のブラック表皮を採用する。
「カスタムX」とターボ搭載「カスタムRS」の2タイプ。





最近の記事


TOP
TOP