【日産 平成22年 ルークス ハイウェイスター】入庫です!

お疲れ様です。

続々と展示車が入庫してますね!!

仕上げ&コーティングに追われていますが、寒さに負けず頑張らなきゃです!

さて本日は、【日産 平成22年 ルークス ハイウェイスター】です!

20170211(01).jpg

走行は4.9万キロ程度。

内外装とてもキレイな状態での入庫です!!

機関も良好!試乗しましたが、調子良かったですね!!

当店では、国産車については、1年間走行無制限保証を始めたので、ご安心ください。

しかし、軽自動車ですが、室内は広いですね!!

高さがあるので余計に広さを感じます!!

20170211(02).jpg

20170211(03).jpg

内装は禁煙車で、シートの汚れも有りませんでしたが、入念にクリーニング!

外装もキズ・ヘコミ等は有りませんでしたが、こちらも入念に仕上げ&コーティングです!

大変きれいな状態ですね!!!

20170211(05).jpg

装備も充実しています!

純正ナビ・純正エアロ&14インチAW・インテリジェントキー&プッシュスタート・キセノン&フォグ・左側パワースライドドア・ベンチシート等々。

20170211(04).jpg

ラゲッジスペースは、軽自動車だけにチョット狭い感じがしますが、

2列目を倒すと、フルフラットになるので、十分広さを確保できます!

高さがあるので、本当に広さを感じますね!!

気になる燃費ですが、カタログ上、10モード/10・15モード燃費で21.5km/リットル。

JC08モード燃費で19.6km/リットルです。

是非参考にしてみて下さい!

日産 ルークス 2009年12月(平成21年12月) 発売モデル

日産からリリースされる軽自動車、「ROOX(ルークス)」。

スズキよりOEM供給を受けるモデルで、ネーミングは「Room」と「Max」を掛け合わせた造語からなる。最大の特長は軽自動車の常識を覆す広い室内空間と、存在感のある洗練されたデザイン。

特に、セレナ、エルグランドなど日産ミニバンのハイウェイスターシリーズの特徴を継承し、品質感、押し出し感のあるデザインを採用した。

乗り降りしやすく、リモコンでの開閉も可能な後席両側スライドドアや、低床で開口部の広い大容量ラゲッジなど、利便性の高い装備を採用した。

エンジンは660cc直列3気筒(K6A型)で、ターボユニットも用意。グレードは、「E」、「G」、「ハイウェイスター」の3タイプ。

プライバシーガラスやインテリジェントキー、ファインビジョンメーターなどを全車標準装備し、上級Gグレードではセンタークラスターフィニッシャー、オートエアコン、パワースライドドアなど快適装備を持つ。

ハイウェイスターは専用エクステリアとし、メッキグリルにシャープな造形のヘッドランプ、専用ファインビジョンメーターや、シックなファブリックのシート地を採用する。

また本革巻3本スポークステアリングを装備する、64馬力ターボモデルも用意する。

全グレードにて、ミッションはCVT(無段変速機)との組み合わせ。同時にハイウェイスターシリーズをベースにした特別仕様車「アーバンセレクション」を設定。

最新の高機能HDDナビゲーションシステムや、「イルミネーションパーツ」などを装備したプレミアムモデルとなる。







最近の記事


TOP
TOP